運命の相手は不倫相手?本物の恋はどちらでしょう

不倫の相手が運命の相手だと思い、本物の恋だと思うことも多いようです。昔の恋人と再会したり、突然の出会いから急激に惹かれ合い、結婚よりも不倫にはまっていくパターンは多いみたいです。

そこから、パートナーと離婚をし、本当に不倫相手と結婚してしまう人もいます。この人が運命の相手だったと気付く……それが不倫後の結婚ですね。ただ、そこまで至るには家庭の問題をクリアしなければいけませんし、既婚者側はちゃんとしっかりと、しかも出来るだけ早く離婚しなければいけませんし、もちろん目標は新しい結婚なので、それの手続きや準備も必要でしょう。

それでも本当に運命の相手ならば、どの問題もクリアしなければなりません。どんなに重たくて、人を傷付けるとしても、一つの恋愛の形なのです。どんなに苦しくても、どんな障害があっても、不倫相手とどうしても一緒になりたいのなら、止めることは出来ませんし、それもありなのでしょう。たいていの不倫は元のパートナーのところへ帰り、不倫相手は切り捨てられます。

不倫SNSなどで「不倫希望」と書き込み、セックスのパートナーを探している人もいます。これは、最初は体だけの付き合いと割り切っています。しかし、寄り添っているうちに、心が近付き、惹かれ合うこともあるのです。出会い系サイトというとどことなく軽薄なイメージがあるやもしれませんが、そこから奥さんや旦那さんと別れ、新しい生活を始める、ということだってあり得るのです。

30代主婦体験談。不倫を諦めテレエッチ

私は30代の主婦をしているものですが、不倫自体に抵抗はありません。なぜなら自分の旦那も不倫をしているため罪悪感を感じる必要もありません。
私自身は不倫をしたことがないのですが、後々離婚しようと思っているので、そのことを考えると自分もしてあとあと面倒になるのがいやなのです。

旦那とはセックスレスでもう数年セックスはしていません。当然性欲があるので、不倫をしないとなるとかなりきついです。
離婚のとき裁判沙汰になったとき、自分も浮気していたとなると、困るので何とか我慢しているという現状です。

しかし、まったく男性と関わらないというのも無理なので、不倫SNSで男性とメル友になりなんとか過ごしています。そして実際に会うわけにも行かないのでテレエッチというのをしています。相手に電話でしない?と誘われて、最初は抵抗があったのです

が気づけばこういうことをしていました。
まぁ実際にあって肉体関係を気づいているわけではありませんので、賠償の対象にはならないと思います。こういうネット上や電話だけでの関係は浮気に入るのかどうか議論があるといいますが、本当にセックスしているわけではないのですから、浮気には入らないと思うのです。

相手の男性も実際に会えないのならといってはいましたが、テレエッチ自体はすきなようですので、今の関係に満足しているようです。
そして私自身も満足しています。こういった関係ならば、慰謝料を払わずにすみますし、大変便利になったものです。
旦那のほうは本当にセックスをして浮気をしているわけですからテレエッチくらいでなんとも思いません。

不倫SNSでのセフレの作り方

セフレの体験談を紹介しましたが、そんなに簡単にセフレって作れるの?と思う人もいるでしょう。
セフレの作り方をいくつか紹介したいと思います。

まず、知人に紹介してもらうケース。コレは相手の身元がしっかり分かるので安心感はありますね。
それにセフレを紹介してもらうケースは男性から女性というよりも。女性から男性の方が誘いやすいようです。
男性の方が身体だけの関係を求める傾向がありますが、でも女性から「セフレになって」とお願いされたら断る男性はいないでしょう。

次は自然な流れでセフレになるケースです。どうゆう状況かと言うと例えば恋愛の相談や失恋を励ましてもらったりしているうちに距離が縮まって肉体関係を持つようになったという場合です。新しい恋に発展する場合も多いですが、どちらかに彼氏、彼女がいる場合は、正直関係はすぐにバレやすいのが難点です。

そして、1番多いパターンはやっぱり不倫SNSや出会い系サイトでセフレを作るケースでしょう。
元々繋がりがなかった相手なので、ラブホテルに入るところを見られた・・・・などと現場を押さえられないかぎりセフレが周囲にバレる心配もありませんし、何より相手をお手軽に見つけられるという点も嬉しいですね。
同じ目的で出会い系サイトを利用しているので、スムースに話が進みます。
なかなか周囲でセフレを探しているとオープンに出来ない人も多いと思うので、その場合には出会い系サイトがオススメです。

また数少ない例ですが、例えばバンドマンのおっかけでメルアドを渡してセフレになるという関係もあるようです。
可能性は低いですが、自分がおっかけするほど好きな相手とセフレになれるという点では試してみる価値はあるかもしれませんね。

不倫派絶対に隠し通す必要があります

昔からの封建的な社会の中にあった日本では、「男の浮気は当たり前」「外に愛人を囲うくらいの甲斐性は無いのか?」と言われていました。側室や大奥などが当たり前のようにいた時代を経て、そのままの考えが引き継がれていたことがあります。しかし、現在では浮気OKの奥さんなんてごく少数です。

たった一度の過ち・・・なんて生ぬるいものではなく“不倫”の関係になってしまうと大変です。「どうせまた今日もあの女のところで浮気でもしてるんだわぁ」なんて夜通し家で待つ奥さんならまだしも、即実家に帰ってしまったり、別居や離婚をしてしまうケースもあるわけですから、“不倫”は家庭崩壊への大きなリスクを担っています。

ただし、奥さんの出す条件を全て聞き入れ、相手の女とも別れるなどして許しを請い、元鞘におさまるということも可能です。たとえば、2人の結婚が上司からの紹介などの仕事が絡んでいる場合や婿養子で肩身が狭い思いをしている場合、住宅ローンなどの借金を抱えているなど・・・リアルな問題が目の前にあると“不倫ごとき”で離婚はしない、元のように夫婦としてやっていくことも十分可能です。

ただ旦那側が不倫をした場合、奥さんが主導権を握って肩身の狭い思いをすることは覚悟してください。男だと「外に女なんか作ってぇ」で済む話なのですが、逆に奥さんが不倫をした場合は状況が違って、‘不貞’というレッテルを貼られてしまいます。旦那によっては、いくら元鞘におさまったとしても感情的にぶつかってしまうことが多くシンドイ立場になることもあります。

とにかく恐ろしく面倒な事態が山ほど起きてしまうのですから、“不倫”しているのだとしたらナイショにしておくべきだということですね。不倫SNSなどを利用している場合は尚更携帯電話などの履歴には気を付ける必要があります。

不倫関係と夫婦関係。愛情のバランスが大事

不倫に限らず、恋愛を長続きさせるために重要なことのひとつに、バランス感覚、というものがあります。
一方の愛情が、もう一方の愛情を見上げ過ぎては、いけないのです。 どういうことかと言うと、ふたりの愛情が同じタイミングで同じ高さ(量)を保つことが重要ということです。

その愛情の差が大きくなってしまった時、寂しくなった方が、相手に愛情を求めて責めたり、寂しい思いに耐えられなくなったりするものです。
恋愛ならば、あーだこーだと、もめればいいのですが、不倫関係の場合はちょっと違います。不倫関係の場合は、大きなトラブルになりかねないので気を付けましょう!

不倫SNS等で不倫経験のある方はご存知かと思いますが、家庭のある人は、家庭を壊さないように注意します。
これも不倫関係を壊さないための行為でもあるのですが、相手を想い過ぎてしまうと、相手の家庭に嫉妬して、そんな家庭を気にしている姿を憎らしく思ってしまいます。

そして愛情のバランスが取れていないと、家庭を壊す方向に仕向けたり、家族にバレるような行動をしたり、男性の愛情を試すようなことをしたり・・・。

不倫関係と、最初から割り切っているつもりでも愛情のバランスが取れていなかったり、妻の存在は割り切れても、他にも彼女がいてバランス感覚がなっていない場合は、ことさら許せない状態となりこういったトラブルが待ち受けていますので、心当たりのある方は注意しましょう!

出会いや不倫関係で良好な関係を築くための距離感

不倫SNSで良好な関係を築くためには、相手との距離感が大切です。そしてこの距離感は人によって

求める距離が違うという事も同時に知っておかなければいけません。逆援助交際イコールお金の割り切った関係と思いがちですが、あまりにお金の割り切ったドライな関係を築いてしまうとどうせお金目当てなんだ・・・・・と女性はがっかりしてしまうかもしれません。特に恋愛型の逆援助女性はそうです。出会っている時はまるで恋人同士のように付き合いたいと望む女性もいてますし、女性の方が割り切った面倒のない関係がいいからお金を払っているんだ・・・・・という女性もいます。つまり相手の望む距離感を築く事が関係が続く秘訣といっていいでしょう。

もちろん相手の気持ちだけじゃなく、相手の環境に左右される事もあります。相手が独身なら逆援助交際という事実は周囲にバレたら困りますが、一緒にいるところを見られても特に問題はありませんよね。しかし、相手が既婚者なら不倫関係ですから、周囲の目も特に旦那の目を気にしないといけません。連絡をする時間帯や連絡手段も携帯のメールがいいのか、それともパソコンメールがいいのか、相手の状況によって変わってくるでしょう。よかれと思ってした事でも逆効果という事もありますから、まずは相手にどうした方が都合がいい?と確認し独りよがりにならないように2人で距離感を決めていきましょう。

距離感は人間関係の基本です。ベタベタするのが好きな人もいれば、ドライな関係が好きな人もいます。
特に逆援助交際でお金をもらっている場合は相手の求める事に忠実である方が関係は上手くいくでしょう。
恋人同士なら、あまりに相手のいうことばかり聞いていると、あなたには意見がないの?と逆に怒られてしまう事もあるので難しいですね。

初の不倫デートは昼休みランチ

不倫SNSを利用して、一人の女性と出会ったのですが、その女性は結婚2年目でまだ子供はいないといっていました。私の方はまだ独身だったのですが、相手は結婚していましたのでいつもとは違ったドキドキ感を味わうことが出来ました。

その不倫相手はあまり頻繁にメールを返してくれるわけではなかったですし、夜は全くやり取りをすることができなかったので、やっぱり不倫だと色々と制限されることが多いのだと実感することができました。

そして、相手の女性も不倫というスリルを楽しんでいることを感じることができましたので、私も彼女と同じようにドキドキしながら、たまに夜中にメールが送られてくる時などは、相手が今どういった感じでメールを送っているのか想像したりしていました。

そして、メールだけでは物足りなくなった私は、実際に会ってくれないかと頼んでみたのです。
私は相手の状況をわかっていましたので、土日や夜などの時間は避けて、始めは平日の昼休みに会えないか聞いてみたのです。するとなんと、彼女の会社と私の会社がとても近くにあることがわかりましたので、私たちはお昼休みに会うことになったのです。つまり、初めてのデートは昼食になったというわけですね。

あまり不倫とは感じることのできない初デートだったのですが、それでも彼女は待ち合わせ場所にきてくれたのです。しかも、その彼女はかなり美人でしたし、私に良い印象を抱いているようでした。今度は、一緒に夜を過ごしたいと思っていますので、どうにか夜に一緒に過ごせる方法を考えているところです。

同僚の男と不倫をする女性の話

一緒に仕事している男性の同僚と、昔付き合っていた彼氏をここが元カレよりいいとついつい比べてしまいます。学校を出て就職して数年、働くことにもなれ自分の時間が持てるようになり、楽しく暮らしています。仕事に慣れてきてからはそれ以外のことに興味を持つ余裕がでてきて職場のいろいろな人をよく見比べるようになりました。

会社から出てすぐ知り合いと集まり、どこか飲みにいくといのがよくあったのです。
しかし付き合いだしてからは、飲みに行くのを止めてその人と一緒にいたいなと感じるよううになりました。その人は同僚で、結婚しているのです。

同じ部署ですからよく一緒にいましたが、こういうふうに付き合うことになるなんて全く考えていないつもりでした。ですが、よく思い出して見ればはじめからその男性と付き合いたいと思っていたような気もします。

その人はいつも穏やかで、同じ部署の女性からはかなり評価の高い人なのです。
一緒に働いていると、親しくなり付き合うことになりました。
はじめは罪悪感があり、考え込むことが多かったのです。

しかしその悩み事を誰かに聞いてもらおうと誰か知り合いに話せそうな人はいないかなと考えました。
そして友達に不倫している子がいてその子に相談していると結構簡単なのではとそんなふうに考えて、どんどん深い関係になっていきました。

自分以外にも仕事場で不倫をしている男女はいくらでもいるのだろうと考えています。
いろいろな人がいますから、そういうこともあります。今のところうまくいっていますから、とりあえず不倫をこれからもしようと思ってます。不倫SNSもいつかは利用してみようかな?

既婚者あるある!不倫SNSでセカンドライフを楽しく送る

結婚してすぐの新婚時代はラブラブだったとしても、長年の結婚生活を送るうちに夫の事を嫌いとまではいかないにしてももう恋愛感情はない・・・・という主婦も多いのではないでしょうか?

子供がいるうちは子供中心の生活になりますから、結婚生活は維持できても、子供が成長し巣立ってしまって夫婦2人だけの暮らしになると耐え切れなくて離婚なんて熟年離婚も増えていますよね。

老後の生活が心配だから、社会で働いた事がないのに今更1人で生きていくのは、と離婚をしないとしても恋愛をしたい、メル友を作って世界を広げたいと思っている人もいるでしょう。メル友や出会い系サイトは若者が利用するものというイメージも根強いですが、若者だけのものなのかというとそんな事もありません。

不倫SNSもありますし、セカンドライフを楽しく送るために共通の趣味のメル友を作ろうと集まるサイトもあります。
しかし、出会い系サイトを利用する上で気になるのは安全面ですよね。
出会い系サイトに登録した途端、迷惑メールが大量に届くようになったなんて話を聞くと、個人情報が流出しているんじゃ?
と不安になってしまいますね。

出会い系サイトに登録するアドレスはフリーメールを利用するといいでしょう。そして出会い系サイトはプロフィールを作成しますが、本名を載せる必要もなくハンドネームでOKですし、当然住所や電話番号も必要ありません。

つまり匿名性が守られているので、個人情報は流出しないという事です。
不安が解消されたら、出会い系サイトを楽しんで利用する事が出来ますね。

職場の先輩に不倫SNSを紹介してもらった話

先日、職場の先輩と二人で一緒に飲みに行った際、
そこで衝撃事実を知る事になりました。

それは、その先輩が不倫をしているという内容だったのです。
しかも相手の女性とは、実際に出会ってから半年という期間が経っているそうで、今も1週間に1回ペースで会っているようなのです。

それまでそんな話を耳にした事もありませんでしたし、そういう事をうかがわせるような様子もなかったので、とてもびっくりしましたが、確かに先輩は昔から遊んでいるようなタイプなので、不倫もやりかねないな…とは思っていました。

しかし、仕事はラクなものではないし、帰りも遅くなる日が多いので、週末は家族サービスで、どこかへ遊びに行ったりしているという話も聞いていましたし、職場にも取引先にも、女性の人数は少ないので、仕事関係で出会うというのも厳しいと思いますし一体その女性とは、どこでどうやって出会ったのかと言う事が、不思議でなりませんでした。

そこで、『お前も試してみたら?』と教えてもらう事になったのが、不倫SNSだったのです。

先輩は、そういうサイトがあるという事実を知ってから、すぐに会員登録をして利用するようになり、実際に出会うまで2週間という短期間だったそうなのです。

私も以前、出会い系サイトは利用経験があったので、2週間という期間のスピードに驚いたのと同時に、今では不倫専門のサイトなんてあるんだと、改めて時代の流れに感心し、感動していました。

そして帰宅後に、私も早速登録しました。
意外と不倫願望がある女性利用者が多くいる事に驚きました。
女性が既婚者の場合もあり、既婚者の男性を探している人もいました。

日常の退屈な生活から、少しでも解放されたいと考えている女性が多いという事なのでしょう。
私も実際、登録後10日ぐらいに、その中の一人の女性と出会う事になりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ